無職の名古屋人の日記

仕事を辞めてニートになったのでブログ始めました

交通量調査のバイトの感想

先日交通量調査のバイトに行ってきたので感想などを。

申し込み

今回はインターネットから申し込みを行いました。

1日以内に、説明会を行うので履歴書等お持ちの上

会場にお越しくださいという趣旨のメールが送られて来たので

幾つか提示された説明会日程の中から、希望の日程を先方に返信して、当日まで待機。

 

説明会当日

平日の説明会に行ったんですが結構人は来てました。

10人位はいたかな。

私くらいの年齢層(30歳前後)が一番多かったような気がします。

説明会が始めると、こちらの会社では調査員に登録してもらって

から仕事を割り振る形になっておりますとまず言われたので、書類を書いて調査員に登録。

登録後は登録メールに仕事のお知らせが送られて来るようになるので

今後こちらの会社でお仕事をさせて頂く場合は、バイトサイトを通さず直接会社側とやり取りすることになります。

交通量調査はこういった募集の仕方が多く、あまりネットのバイトサイトには出ないみたい。

後は交通量調査のやり方についての、説明を受けて解散

個別面接などはなかったので良かったです。

当日バイト開始まで

当日は夜11時に集合場所に集合という日程なんですが、まず昼ころに当日

参加出来るかという電話を入れる必要があります。私はこの電話をした

後全然眠れず体調に若干の不安を残す状態で、初交通量調査を迎えることになりました。

集合場所で時間になると点呼がスタート、点呼終了後調査地点近くの

道の駅等にワゴン数台に移動して、各自調査開始時間近くまで仮眠を取る形になります。結構常連の方が多いようで、その方たちはスヤスヤと眠っていますが私は全然眠れず、途中から車外に出てベンチでスマホを読んで時間を潰しました。

バイト開始

バイト時間は、全部で12時間で3人で2箇所の場所をローテーションで回す形になりました。2時間監視~1時間休憩という形です。

私と一緒になった方はどちらも若く、物腰柔らかな印象だったので色々とやりやすかったので良かったです。一人は結構このバイトに来てるみたいで、ガチでこのバイトだけで生活してる人もいるとか色々なことが聞けました。

仕事

内容は車や歩行者、自転車などを種類別に数えるだけなんですが、強いて言えば車を大型車、普通車に分けてカウントする必要があるのでその点迷うことがあるかもしれません。中途半端な大きさの車もいますので。

私は配布されたマニュアルをしっかり読んでいたし、それなりに車に興味あるので、ほぼ迷いませんでしたが。

それと適当にやったのがバレると仕事が二度ともらえなくなるし、調査自体がやり直しになり会社に多大な迷惑をかけることもあるので調査はしっかりやりましょう。

たまに社員さんの見回りもあります。

休憩等

経験者の方曰くトイレが全然ない場所で実施されることもあるそうなんですが、今回は幸いトイレのあるホームセンターやコンビニが数件あったのでその点はラッキーでした。お昼はリンガーハットでちゃんぽんを。

ただ休憩1時間が4回もあるので、時間を潰すのに結構苦労しましたね。

ベンチに座ってスマホ見たりしてましたが時間が進むのがどうにも遅く感じました。

終了

終了時間となったので片付けを終え待機していると、しばらくして社員の方が迎えに来てくれたのでワゴンに搭乗、その後他の地点で調査している方も回収して再び最初の道の駅へ。ここで給料が現金で貰えました。初回だったので説明会参加分のお金も貰えた。

解散

その後はまたワゴンに搭乗して、集合場所の駅で解散という運びになりました。

ちなみに24時間連続で調査をする方、集合場所の近くのネカフェで少し仮眠して数時間後にはまたあの集合場所に行くという方も数名居らっしゃいました・・・

凄い・・

感想

面接で落とされることもないし、仕事も複雑ではない、人間関係に苦労することもなさそうな仕事ですが、拘束時間が長いのがネック・・

単純に給料を労働時間で割った場合は、かなりの高時給を叩き出しますが

深夜の待機時間とあまり自由度のない休憩時間も、手待ち時間として時給計算に入れると最低時給を下回ってしまいます。

後は睡眠管理の難しさですね。

これから数時間後に仕事だから寝ておかないと

辛いって気持ちのせいで、私はワゴンでは全く眠れる気がしなかったです。

結局私は、今回は昼の3時に参加確認の電話して、翌日の夜11時位まで起きてたことに

なります。

その後10時間以上睡眠をとってしまったので、1万2000円の為に2日半を費やすことになってしまいました・・

まとめ

仕事はキツくないし、意外と時間も早く過ぎていく、ただ入眠に不安がある人には向いてないかな。

ただ車を持ってる人は夜の集合場所に集まらず、現地集合でOKなので睡眠に苦労せずに済みそう。

その代わり名古屋からかなり離れた場所の、交通量調査も回ってくるので毎回車って訳にはいかなさそう。

というかそもそも自家用車で来てる人は、ほとんどいなかったかな。僕は初めていく場所だし、深夜の高速運転なんてあまりしたことないので利用しなかったんですが。

後は男の仕事だと思ってましたが、女性も結構いましたね。20代前半に見える女性も来てましたよ。

バスとかを女性専用にするってのは、コスト的に無理そうなので、男性と同じワゴンで

の仮眠は嫌じゃないよって女性なら、参加してみても良いんじゃないでしょうか。