無職の名古屋人の日記

仕事を辞めてニートになったのでブログ始めました

メルカリのアカウントを転売して2000万稼いで逮捕された人の手法を予測してみる

メルカリの出品アカウントの転売で2名が逮捕されました。

転売で稼いだ金はなんと3年で2000万だそうです。

全部が、メルカリアカウントの転売による収入という訳ではないと思いますが、すごい額ですね。

ヤフオクでは他の販売者の1個800円程度の出品にも、入札がたくさん入ってたしメルカリのアカウントには需要があるみたいです。

まあアカウントBanのリスク抱えてる悪質業者なんかが買ってるんでしょうね。

今回問題になったメルカリのアカウントなんですが、量産防止の為にSimカード1枚につき、1つのアカウントが作成できる仕様になっています。

さて容疑者宅からSimカードが数千枚見つかったということですが、これはどこから入手したのでしょうか。

個人的には、こういう手口だったんじゃないかなと思いますがどうでしょうかね。

アカウント習得に必要な、SMS利用が出来る格安会社のSIMを取得する。

そのSIMでアプリのインストール、SMS認証まで済ます。

一部の会社ではSIMカードのサイズ変更が数百円で出来るため、この仕様を使って新しいカードを発行してもらう。

交換してもらったSIMカードは新しいものなので、再度アカウントの作成、認証が出来る。

またサイズ変更を依頼して新しいSIMカードを入手する。

これを繰り返せば、大量のアカウントを取得することは可能だと思います。

交換手数料がかかるので、赤字になりそうな気もしますが、メルカリ以外のアプリのアカウントなんかも売っていただろうし、手数料払っても元は取れてたんでしょうね。